こだわり

recommend尾熊牧場のこだわり

飼料への徹底的なこだわり

飼料への徹底的なこだわり

尾熊牧場では飼料会社と共同で開発したオリジナル配合飼料『尾熊ブレンド』を使用し、日本では中部飼料一社でのみ取り扱われている『乾式トウモロコシ』を採用している。

『乾式トウモロコシ』は手間やコストはかかるが、牛の胃でゆっくりと消化されるため牛にやさしく、肉にとても強い甘みを生み出す。

飼料への徹底的なこだわり
長期肥育へのこだわり

長期肥育へのこだわり

尾熊牧場では長期肥育(導入後23か月以上)を原則としている。 長期肥育をすることによって、肉の深い味わいを引き出し、すべての牛でばらつきのない、安定した味を生み出すことができる。

子牛市場では生後10か月程度の子牛を導入しているため出荷時には生後32か月以上になる。

長期肥育へのこだわり
AIによる牛の健康管理

AIによる牛の健康管理

尾熊牧場では導入後ただちに、全ての牛に健康管理のためU-motionの首輪式センサーを装着。

24時間体制で牛の健康状態をチェックし、加えて人の目でも確認。 AIと人の目の二重チェックで牛の健康をサポート。

AIによる牛の健康管理
目利きによる導入

目利きによる導入

尾熊牧場では、『尾熊牛』や『武州和牛尾熊牧場』になる資質を持つ素牛を、全国から一頭一頭厳選して導入している。

目利きによる導入
おいしく新鮮な地下水

おいしく新鮮な地下水

牛たちが飲むのは地下100メートル程からくみ上げた、秩父山系の地下水。 秩父山系の地下水はミネラルが豊富、醸造にも使用されているとのこと。

牛たちにとって水は人間と同じ毎日飲むものなので、一切妥協しない。

おいしく新鮮な地下水
去勢と未産の雌のみ

去勢と未産の雌のみ

尾熊牧場では肥育にのみ力を注いでおり、あえて繁殖は行わないため、経産の雌牛は一切出荷されない。

尾熊牛をはじめ尾熊牧場の牛では、導入から出荷までの全ての工程を肥育を目的に行っているため、全ての牛で同じ味が楽しめる。

去勢と未産の雌のみ
皮から革へ

皮から革へ

武州和牛生産牧場で大切に育てられた牛は、埼玉県草加市の革職人組合の方々によって『彩鞄』というブランドへ生まれ変わっている。

長期肥育された牛の革は厚さや丈夫さに定評がありプロ野球や高校球児のグローブとして活躍している。

皮から革へ
地域貢献

地域貢献

尾熊牧場では、日ごろお世話になっている地域の方々に少しでも貢献したいと思い、牧場から出た牛糞を自社で肥料加工し、地域の農家に格安で販売している。

地域貢献